« 東京マラソン | トップページ | 10月24日セミナー »

柔軟性とは

あなたは身体が硬い!と思いこんでいませんか?
学校やスポーツクラブの体力テストで測定する柔軟性は、立位または座位での体前屈(手を伸ばして前に身体をたおす)が一般的です。

体前屈ができない=身体が硬い
と思っていませんか?

前屈は誰もが簡単にチェックできる評価方法の1つです。でもそれは、ある一面から見た評価にすぎません。
確かに前屈に関与する筋肉は硬いのかもしれません。じゃあ側屈(横にたおす)は?後屈(後ろにたおす)は?
いろんな角度からチェックして、どの動きがどう硬いかバランスを見ることが重要です。

私自身、トレーナーの勉強をする前はひどい腰痛に悩んだことがあります。柔軟性が無いからだと思い込み念入りに前屈のストレッチをして悪化させた経験があります。

どこが硬いか正しく把握してなかったために、間違った部位をストレッチしてたことに後で気がつきました。

ストレッチは1つ間違ったら逆効果ということもよくあるので、痛みを抱えている方の場合特に注意が必要です。
気になる方は自分で判断せずに専門家に見てもらうことをオススメします。

|

« 東京マラソン | トップページ | 10月24日セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/491093/36843297

この記事へのトラックバック一覧です: 柔軟性とは:

« 東京マラソン | トップページ | 10月24日セミナー »